1. ホーム
  2. 仙福屋宗介とは

仙福屋宗介とは

  • 屋号について
  • 誇りと信念
  • 私たちの思い
  • 信頼と品質

「仙福屋宗介」初代の初心とともに

「となみ織物株式会社」(http://www.kyo-tonami.com/)が運営する小物のショップです。嘉永3年(1850年)、初代礪波宗介が富山県砺波より入洛し創業、京都御所の御用を承ります。このときの屋号が「仙福屋宗介」でございます。わたくしたちは初代の「心と技」を引き継ぎ、伝統を守り伝える一方で、常に時代の新しい美しさを追求した「モノづくり」を心がけております。

西陣で営むということ、日本の歴史を継ぐということ

世界最高の技術と賞され、帯の最高峰に君臨する「西陣織」。その起源は、平安遷都よりも更に遠くさかのぼります。西陣において、千数百年という長い時を経て受け継がれてきたその技は、悠久の時の流れの中で、磨き続けられてきました。無数の工程を経て創られる西陣織は、その全ての工程においてそれぞれに専門の職人がいます。完全分業制で製作を行うことで、ひとつひとつの技術を極限にまで高めてきました。西陣織は、そうした気の遠くなるような緻密で繊細優美な技の総合芸術、職人たちの感性の結晶です。また、西陣で使われている道具や機械は、数十年、数百年にわたり丁寧にメンテナンスされ、大切に使い継がれてきたもの。もはや新調することの出来ないこれらの道具が、職人の技術を支えます。こうした姿勢はスピードと効率が重んじられる現代にあって、ともすれば時代により否定されてしまった価値観かもしれません。しかし、千数百年の歴史に裏付けされた、効率性だけでは測ることの出来ない「価値」に私たちは誇りと信念を持っております。

「身に纏う」だけでなく「美を纏う」よろこびを

私たちは創業以来、こうした西陣の町に身を置き、長きにわたり織物の製作・製造に携わって参りました。西陣の技術と感性を極限まで高めることで生み出される「究極の美」。この美しさを身にまとう喜びを、上質を求めるお客様にお伝えしたい。これが仙福屋宗介の思いです。

「452」はとなみ帯の登録ナンバー信頼の証です

平成20年より西陣織証紙の改訂がなされ、品質表示ラベルの貼り付けが義務付けられています。さらに当社では品質への信頼、お客様の安心のため、それぞれの商品へPOS札を付けています。これにより、具体的な柄や色、製作日、製織者等を確認することができます。最近では、類似品、証紙張替え品、偽物等の商品が報告されています。その際は、POS札をご確認いただき、当社へお問い合わせいただくことを勧めいたします。不審な点がございましたら、当社または西陣織工業組合にご連絡下さい。メールでのお問い合わせも可能です。

  • メールフォームでのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ
  • 西陣織工業組合 公式サイト

  • 仙福屋宗介とは
  • 会社概要・沿革
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301(代表)