1. ホーム
  2. シークレット
  3. テストカテゴリ
  4. テスト/名古屋帯

最高の素材と職人の技術、それに意匠が組み合わさってできる名古屋帯

『仙福屋宗介がデザインし、となみ織物が製織する名古屋帯』

京都西陣の織元となみ織物が製織する帯には、経糸と緯糸の組み合わせで、様々な風合いや質感、結び心地を表現しています。それは『織組織(おりそしき)』と言って、織元の織りの技術を表す一つの要素です。また『織物』を作るためには、この織組織とともに、意匠力(デザイン力)や素材を使い切ることで一本の帯が作られていきます。
となみ織物のモノづくりでは最高の絹糸の一つ『ブラタク糸』を主として使い、それとともに絹とは異なる和紙や金銀糸をも駆使し、わたしたちが表現したいモノ、お客様に結んで頂きたいモノを織りで日々制作しています。

京都西陣で製織する名古屋帯/入念に練られたデザインと配色

仙福屋がデザイン、西陣の織元 となみ織物が帯を製織

となみ織物/仙福屋の帯づくりは、糸染や図案、製織など数多くの職人による分業によって支えられています。様々な工程を受け持つ職人が技を磨き合い、最高の技術を持ち寄って制作される帯は、風合い・質感、使い勝手ともに素晴らしく、美しい仕上がりになります。

⇒仙福屋の名古屋帯ができるまで詳細

帯の命であるデザインと配色

『仙福屋の名古屋帯』デザインについて

帯の巾やお太鼓のサイズは決まっています。そのため、過去何十年と決まった制限の中で、数十万数百万もの新しいデザインが生み出されてきました。仙福屋で制作する帯は、そんな無数に作られてきた織りの技術や経験に基づき、そこから削ぎ落としたシンプルデザインのモノを多く制作。
効き色の帯締めを入れるなど、ちょっとした小物使いによって着姿の表情変わる、コーディネートもし易いそんな使い勝手の良い帯ばかりです。

名古屋帯の仕立ては開き仕立てをオススメ致します。

帯は『開き仕立て』をオススメします。

帯のお仕立は、となみ帯の特性を知り尽くした日本国内の職人の手によって行います。仕立ての種類には『名古屋』『開き』『松葉』の3つご用意。オススメの仕立ては、袋帯と同様、帯の前巾を決めることができる『開き仕立て』です。合わせる方の身長や雰囲気、着物によって前巾を変える事ができますので、大変使い勝手の良い仕立て方です。

⇒名古屋帯のお仕立てについてこちら

帯のメンテナンス、アフターケア

帯のメンテナンスについて

ご使用になられた後には、織元によるメンテナンスも受け承っております。織や素材を知り尽くした作り手によるモノで、その帯にとって最善の方法で行いますので、安心してお任せ下さい。簡単なシワ伸ばしやシミ落としから、仕立直しまでの様々なメンテナンスを承っております。

⇒帯のメンテナンスについての詳細はこちら

仙福屋宗介のショールームでは、直接手に取り、ご覧いただけます。

テスト/名古屋帯一覧(全0点)

ただいま準備中です
 
  • 仙福屋宗介のショールーム
  • メディア掲載履歴
  • ギフトラッピング
  • メンテナンスのご案内
  • 会員登録のご案内
  • お問い合わせ

唐長

カテゴリから探す

メンテナンスのご案内

セレクション

人気の検索ワード

  • ギフトラッピング
  • メディア掲載履歴
  • 会員登録のご案内
  • お客様の声
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301(代表)