1. ホーム
  2. シークレット
  3. テストカテゴリ
  4. 丸ぐけ/テストカテゴリ

総紗縫の丸ぐけ

京都西陣の織元となみ織物でしか織ることのできない『総紗縫』を使い制作する丸ぐけです。

袷時期だけでなく、夏・単衣の時期まで四季を通じて結ぶことのできるこの帯は、非常に軽く、外出の途中で結んでいることを忘れてしまうほどです。 織りの部分には、多くの企業秘密が隠されていますが、一番大事なことは、上質の絹糸や箔などの素材を駆使し、熟練の職人が織物を最初から最後まで気を抜かずに織り切ることです。

この帯を初めて結ぶ方からは、『着物を着るのが簡単になった気がする。』『こんな透け感があって薄いのに、お太鼓の形がちゃんと作れる・・・。』『夏が楽しみ。』などの多くの感嘆の声を多く頂いております。

そんな『総紗縫』を使った『仙福屋の丸ぐけ』、それでもモノづくりをスタートしたばかりの頃は、試験と失敗、それに基づく改善の繰り返しでした。時間を掛け、織りの特徴を仕立て職人の手に記憶して頂き、完成に至りました。そんなモノづくりの過程を経て、総紗縫の特長を活かせる『丸ぐけ』は、現在、仙福屋の定番アイテムの一つとまで言われるようになりました。

一年中使える帯『総紗縫』を使います。

特長1 一年を通じて使える帯締め

京都西陣の織元となみ織物が製織する『総紗縫』を使って制作する『総紗縫の丸ぐけ』。大きな特長は、一年を通じてコーディネートに使えること。総紗縫の帯地自体が一年を通じてご使用になることができる帯のため、それを使う丸ぐけも同様。夏・単衣物の時期、適当な小物が少ないので、大変重宝して頂けるアイテムになると思います。

織物の命であるデザインと配色

特長2 美しさ

『総紗縫』という透け感のある帯地は、通常の帯地よりも薄く、綟織のため、光を通し、それ自体が大変美しいモノです。
その帯地を生地として、『丸ぐけ』を使るため、特殊な絹織物の特徴を知り尽くした、しっかりとした技術を持つ職人へ方へ縫製を依頼。その印として、丸ぐけの縫い目は回転することなく、ほとんど真っ直ぐになされています。

仙福屋宗介のショールームでは、直接手に取り、ご覧いただけます。

丸ぐけ/テストカテゴリ一覧(全0点)

ただいま準備中です
 
  • 仙福屋宗介のショールーム
  • メディア掲載履歴
  • ギフトラッピング
  • メンテナンスのご案内
  • 会員登録のご案内
  • お問い合わせ

唐長

カテゴリから探す

メンテナンスのご案内

セレクション

人気の検索ワード

  • ギフトラッピング
  • メディア掲載履歴
  • 会員登録のご案内
  • お客様の声
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301(代表)