1. ホーム
  2. 草履・履物
  3. 挿上げ/仙福屋の草履(即納品)
  4. 大きめサイズの草履
  5. 挿上げ/金銀花の真綿入り草履LL【吉祥文様/紹巴織/四分二半】

金銀糸で織り成した帯地の花緒/金銀花/LLサイズ

最近、制作されることが少なくなった、LLサイズ(25.5cm〜26.5cm)の草履です。
花緒にはフォーマルなシーンからお洒落まで使える『金銀花』シリーズの帯地を使っています。

 

足に優しい真綿入り草履、仙福屋のスタッフが花緒と台をコーディネートし制作したモノです。

この草履の花緒には、となみ織物が製織する『帯地の花緒』と日本で2人だけの職人しか制作ができない『真綿入り草履台』を使用。大変履き心地の良い草履です。

 

この『挿上げ』の草履は営業日1−2以内の発送が可能です。

(お誂えの場合、通常ご注文後、約30−40日の納品期間を要します。)

 

 

 

この草履は仙福屋のスタッフが花緒と草履をコーディネートし、職人へ台の制作依頼を行ったものです。

そのため、ご注文後営業日1−2日以内に、仙福屋からお客様へ発送が可能の商品です。

 

また、この草履の花緒をご希望の方で、異なった草履台サイズをご要望の方は通常の納期(30−40)を頂けると、花緒の挿げ変えも可能です。

その際はお問合わせの方へご連絡ください。スタッフから折り返しご返答させて頂きます。

 info@senpukuya.jp

 

 

 ※お履きになられ、サイズが大き過ぎた、又は小さ過ぎた場合、サイズの変更は可能です(通常30~40日前後)。

  その際は上記お問い合わせまで、ご連絡ください。

  

  なお、商品到着後、試履きは室内でお願い致します。

 

挿上げ/金銀花の真綿入り草履LL【吉祥文様/紹巴織/四分二半】

商品コード :20684764

63,000円 (税抜)

会員付加 :630ポイント
送料無料
ギフトラッピング対応いたします

ブックマークに登録する
サイズ LL(25.5cm〜26.5cm)
重さ 約575g
花緒の素材 絹、ビロード、真綿、麻紐
台の段数・色 四分二半・クリーム
台の素材 本革、真綿、高圧縮キルク、ゴム
発送 営業日1〜2日以内
制作 日本製
TPO 通年、フォーマル・セミフォーマル・カジュアル

商品の質感・色は、モニターやブラウザなどにより、実物と見え方が異なる場合がございます。
また、商品によっては帯地から1点ずつ柄取りを行う事で、柄の配置が掲載画像と若干異なる場合がございます。

花緒には、となみ織物『金銀花』シリーズの帯地を

花緒には、となみ織物『金銀花』シリーズの帯地を

となみ織物の帯シリーズでも高い人気を誇る『金銀花』。織りの靭やかさと緻密な織りが特長で、絹糸と金銀糸とのバランス抜群に優れ、フォーマルからセミフォーマル、お洒落まで、大半幅広くお使い頂けるデザインです。

この草履に使われている帯地もその例に漏れず、金銀をあしらった吉祥文様は、シンプルでありながら華やかな印象を残してくれます。つぼも帯地と共感ですので、上品で着物と合せやすい花緒になっています。

『四分二半段』台/フォーマルにも

『四分二半段』台/フォーマルにも
草履台側面の巻の部分が、前二段、後ろが三段となっている台のことを言います。
 
一段の草履台よりも、背が高く、見た目もフォーマル感を感じることから、格の高い着物との親和性が高いと言われています。もちろん、お洒落としてお使いになられることは問題はありません。つま先とかかとの高低差がありますので、ヒールのある靴を履いた時のように、立ち姿が美しいことから、好まれてこの台を選ばれる方もおられます。
 
 
 ※四分二半の読みは『しぶにはん、よんぶにはん』

『足に優しい、真綿入りの草履台』

『足に優しい、真綿入りの草履台』

仙福屋が扱う草履の特長の一つとして、この『真綿入り』があります。

大変履きやすく足への負担を軽減し、『優しい』とまで表現される草履は、足が接触する草履台の天部分に厚さ10数センチある本真綿を圧縮し、入れることで制作されます。

通常の薄いフェルト状だけのモノよりも、飛躍的にクッション性が高まり、比較にならないほどの履き心地となります。

 

 自然の原材料でもある本真綿は、元の形状へ戻る性質を持ちます。
 何度もお履きになられた後は、陰干しをすることによって、また元の状態へ回復いたします。

履き易さのトドメに・・・。

履き易さのトドメに・・・。
仙福屋の草履には、通常よりも大幅に大きな『かかとゴム』を打ち付けています。
 
これには大きく3つの理由があります。
①バランスを保つこと。台のかかとが大きく地面との接地面積が増えることで、草履台全体の安定が良くなります。
②花緒を挿げる穴をできる限り埋めること。一番の敵である水分から台を守ります。
③かかとの交換時期を遅らせること。草履台裏の青い革がすり減り、台本体まで達するとメンテナンスは難しく、コストも大きく掛かります。そのため、台のメンテナンスは少し早めをお勧めて致します。
  • [となみ織物・仙福屋宗介] 会員登録のご案内

    となみ織物が配信するメールマガジンのご購読をご登録ください。また、「仙福屋宗介」をもっとお得に、もっと便利にお使いいただける「仙福屋宗介ウェブ会員」を募集しています。メールマガジンとあわせてご登録ください。

    会員特典のご案内

  • 仙福屋宗介のショールーム
  • メディア掲載履歴
  • ギフトラッピング
  • メンテナンスのご案内
  • 会員登録のご案内
  • お問い合わせ

唐長

カテゴリから探す

メンテナンスのご案内

セレクション

人気の検索ワード

  • ギフトラッピング
  • メディア掲載履歴
  • 会員登録のご案内
  • お客様の声
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301(代表)