1. ホーム
  2. 唐長
  3. 唐長文様のバッグ
  4. ダテバッグ
  5. ☆雀形七宝文様のダテバッグ【唐長文様/紹巴織】

唐長文様『雀形七宝』を織りで表現する、ダテ型のバッグ

【ダテバッグとは】
京都西陣の織元となみ織物が製織する帯地を使って制作する『ダテバッグ』。 
この『ダテバッグ』は単純な立方体の様にも見えますが、着物姿の際、
とくに荷物が多い方のために、細部までデザイン、型を制作したバッグです。
何かと持ち物が増えてしまう着物でのお出かけ。ただ大きいだけの無骨なバッグではバランス的に、
着姿を少し残念にしてしまうかもしれません。 
 
このダテバッグは『できれば持った方が安心』と思うものまで、コーディネートを少しも崩すことなく、
収納してくれます。もちろん、お洋服姿の時でも同じ様にシンプルでカッコ良くみせてくれるのが、このバッグ。
最近ではお客様から、『普段のお洋服の時にも持っているよ』と伺うことも増えています。
 
 
【使用するのは、絹織物の帯地/紹巴織】
京都西陣の織元となみ織物の帯地を使用。
経糸を覆い隠すほど、緯糸を筬で打ち込む、緻密な表現を得意とする織物。
絹の光沢としっとりとした質感を活かした大変優れた織物です。
 
 
【デザインは唐長文様の雀形七宝】
織物のデザインは京都で400年続く唐紙の老舗『唐長』の意匠『雀形七宝』から。
日本に昔からある、縁起の良い『七宝つなぎ柄』の中に雀が隠れた文様です。
 

 

  • NEW

☆雀形七宝文様のダテバッグ【唐長文様/紹巴織】

商品コード :date-suzumegata-kiku01

125,000円 (税抜)

会員付加 :0ポイント
送料無料
ギフトラッピング対応いたします

SOLD OUT

似寄り、別誂え等
お気軽にお問い合せください。

ブックマークに登録する
縦×横×マチ 約17cm×26.5cm×16cm(持ち手除く)
重さ 約580g
素材 帯地(絹)、革
発送 営業日1〜2日以内
制作 日本製
TPO 通年、カジュアル中心(紬や小紋など)

商品の質感・色は、モニターやブラウザなどにより、実物と見え方が異なる場合がございます。
また、商品によっては帯地から1点ずつ柄取りを行う事で、柄の配置が掲載画像と若干異なる場合がございます。

『帯地/紹巴織で製織する雀形七宝』

『帯地/紹巴織で製織する雀形七宝』
 京都で400年続く唐紙の老舗『唐長』文様『雀形七宝』を元に絹織物(帯地)で表現。
日本人に愛されてきた七宝繋ぎ文様ですが、よく見ると七宝の中には『雀』がいます。
古来より、害虫を駆除してくれる雀は、縁起が良いとされていました。それを文様化されたもの。
 
また、デザインとしては帯だけでなく着物としても秀逸。
合わせる帯や小物を選ばない大変使いやすい文様でもあります。
七宝つなぎと同じく、人の縁を繋ぐなどの縁起の良い吉祥文様としても。

『染色・製織の職人から裁断・縫製の職人へバトンを渡す』

『染色・製織の職人から裁断・縫製の職人へバトンを渡す』
このバッグの主な素材である『帯地』は、京都の西陣地域で何十人もの職人の手を経て製作された『帯地』を使います。特に『となみ織物』の帯地には様々な織組織(織り方)があり、それぞれが特色を持っています。
例えば、『紹巴織』。緻密で繊細な表現が可能。『二重織』だと重厚な経糸によって、シンプルな柄でも奥行きが出せる。
総紗縫』は、経糸同士を捩るので絶妙な透け感に。
一つ一つが特徴的な織物です。
納得のいく小物づくりのためには、小物作りの腕が良い職人への製作依頼だけでなく、織物の持つ特性の理解、それに基づく入念な打ち合わせの元、制作が必要です。

『収納性からデザインを考える』

『収納性からデザインを考える』
『ダテバッグ』は、収納力と使いやすさに注視し、帯地を使うことでデザインの修正を繰り返し制作しております。
そのため、コンパクトでありながら、他の和装バッグとは比較にならない収納力を備えています。
 
①ファスナーは、底ギリギリまでのフルオープン仕様
②サイドポケットにも、大きな収納(マグネット付)
③うちポケットも充実しています。
 
【ポケット仕様】 
・マチを作ったファスナー付ポケット×1
・ファスナーポケットに付随する革ポケット×2
・切符やカギなども入る小ポケット×2

『美しさと強度の両立』

『美しさと強度の両立』
『絹』は、手触り、発色は非常に素晴らしく、着物との相性は抜群です。
一方、他の繊維と比較すると擦れや耐久性は少々劣ります。
そこで、底部分と四方に革を当て補強し、耐久性を十分に確保しています。
また、バッグ底には金具を使い、接地面積を極力少なくし、汚れもつきにくくしています。
※『ダテバッグ』で使用する本革は、全て帯地に合わせて染め上げています。また、帯地によっては厚みも異なるので、それと対応するよう漉くことも。帯地の製作(染色製織)から、染色・裁断・縫製などの全ての工程は日本(京都近圏)の職人の手によるものです。
  • [となみ織物・仙福屋宗介] 会員登録のご案内

    となみ織物が配信するメールマガジンのご購読をご登録ください。また、「仙福屋宗介」をもっとお得に、もっと便利にお使いいただける「仙福屋宗介ウェブ会員」を募集しています。メールマガジンとあわせてご登録ください。

    会員特典のご案内

  • 仙福屋宗介のショールーム ネットショッピングでの一番の不安はサイズ感や素材感がわかりづらいこと。そこで仙福屋の商品を直接手にとってご覧いただけるショールームを開設いたしました。
  • メディア掲載履歴 仙福屋宗介の商品が掲載された雑誌をご紹介します。
  • ギフトラッピング 仙福屋宗介では、プレゼント用にギフトラッピングを承っております。
  • メンテナンスのご案内 末永くお使いいただけるよう「となみ帯」と「仙福屋宗介の小物」のお直しを承っております。
  • 会員登録のご案内 入会金、年会費等は一切かかりません。ぜひご登録ください。
  • お問い合わせ 商品についての詳細、ご質問等、お気軽にお問い合わせください。

となみ織物公式 Facebook

仙福屋宗介公式 Instagram

唐長

カテゴリから探す

メンテナンスのご案内

セレクション

人気の検索ワード

  • ギフトラッピング
  • メディア掲載履歴
  • 会員登録のご案内
  • お客様の声
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301