1. ホーム
  2. 名古屋帯/半巾帯/角帯

結びやすい名古屋帯、軽い半巾帯とお洒落な角帯

それぞれの技を極めた職人が集結
最高の仕事で織られた織りの帯

西陣織という産地は、織り・図案。
糸染などそれぞれ工程で技を極めた職人が集まり、一つの織物をつくります(分業制)。
その工程は、ざっくりと大きく分けても20以上に分かれ、 どの工程もその道、何十年という職歴を持つ職人が日々、最高の仕事を行い続けています。

名古屋帯の繭・生糸

帯の原料は絹(繭・生糸)

一つの繭を、お湯に浸け、糸を解きほどき、引いていくと約800~1200mもの一本に繋がった糸になります。また、お蚕さんが作る糸は、自らの身を守るための物質セリシンが含まれています。絹糸として利用するには、そのセリシンが不純物となりますので、それを一定程度取り除きます。そうすることで、皆さんのイメージにある白く光沢のある絹糸(シルク)となります。
最高品質の糸、技術をもって製織された帯は光沢があり、絹独特のしっとりとした風合いを持つ、結びやすい帯となります。

2500~3000色の中から作る西陣の名古屋帯

糸染め

となみ織物は、多彩な織物と絢爛な配色のために、常時約2,500から3,000色糸を所蔵しています。帯作り(配色)の際には、その中から数色を厳選し、用いております。
また、図案や織物の雰囲気で使いたい色がその中にない場合には、新たに色を染め出すため、新色の色糸も常に生まれ続けています。

帯の製織にも影響を及ぼす整経

整経

織物は、経糸と緯糸(緯糸)で構成されています。この整経の工程では、織物として織ることができるように、経糸を決まった順番に並べていく工程です。経糸の数量は数千本という膨大な数量の糸を手と整経機を使って、並べていきますので、ここにも熟練の職人技が加わります。
この工程も分業の一つで、西陣では経糸だけを専門につくる「整経屋」が行います。整経の善し悪しで帯の製織に影響しますので、大変重要な工程となっています。

帯のデザインの元、図案

図案

帯のデザインの源泉である図案。織物の最終形が垣間見えるので、この工程も手が抜けません。
機屋自身が図案を作ることも、図案家の手によることもありますが、いずれにしても、今までの経験にアイデアとセンスをプラスαして制作されます。
多彩な顔料を使い、入念に描かれた図案は、それだけでも【一つの完成した作品】といえるモノを仙福屋/となみ織物では制作しています。

帯の設計図、意匠図・紋図

意匠図

図案を経糸、緯糸の織物の形にするためには、一度図案を織物専用方眼紙へ拡大します。そうすることによって、織物の組織が目で確認でき、細部まで織物を作り込むことが可能となります。。現在、仙福屋/となみ織物で制作する帯に使用しているものは、PC上で制作するもの、和紙の方眼紙に手書きするものの両方があり、いずれも一マス一マスに気持ちを込めて制作いたしております。

熟練の職人が経糸を通す筬通し

筬通し

数千本にもなる糸を一つ一つ手作業で、櫛状の筬に通し、帯の経糸を作る作業です

デザインを帯のかたちにする製織

製織

これまで多くの職人の手を経たモノづくりが、ここで織り手の手を通り、帯になります。

帯/名古屋帯の最後の仕上げ、何段階も行う検品

検品

丸巻きの状態で織り上がったモノをまず一度目の検品を行います。次に帯となった後の縫製後の検品、さらに納品する前、と少なくとも3度の検品後、お客様の手元にお届けとなります。もちろん、結ばれた後のアフターケアも同じ職人の手によって行っておりますので、安心してお使い下さい。

西陣織の帯ができるまでの工程

1~7の工程を含む20以上の工程を経ることによって、
となみ織物が誇る「品質」「技」「紋意匠」ともに最高級の西陣織の帯が完成します。

帯ができるまでの流れ

名古屋帯/半巾帯/角帯をさらに絞り込む

名古屋帯/半巾帯/角帯一覧(全57点)

  • 仕立済/千鳥格子文様の九寸名古屋帯【紹巴織/作楽】
    • NEW

    仕立済/千鳥格子文様の九寸名古屋帯【紹巴織/作楽】

    140,000円 (税抜)

  • 仕立済/ペイズリー文様の九寸名古屋帯【紹巴織/作楽】
    • NEW

    仕立済/ペイズリー文様の九寸名古屋帯【紹巴織/作楽】

    120,000円 (税抜)

  • 総紗縫半巾【変わり七宝/淡グレー横段】
    • NEW

    総紗縫半巾【変わり七宝/淡グレー横段】

    165,000円 (税抜)

  • 総紗縫半巾【伊藤若冲の世界より】
    • NEW

    総紗縫半巾【伊藤若冲の世界より】

    185,000円 (税抜)

  • 作楽の八寸名古屋帯【ヘナ文様/紹巴紬】
    • NEW

    作楽の八寸名古屋帯【ヘナ文様/紹巴紬】

    180,000~247,500円 (税抜)

  • 仕立済/作楽の九寸名古屋帯【二色織ぼかし唐草の/紹巴織】
    • NEW

    仕立済/作楽の九寸名古屋帯【二色織ぼかし唐草の/紹巴織】

    170,000円 (税抜)

  • 総紗縫半巾【シルクロード花菱/茶と紫色】

    総紗縫半巾【シルクロード花菱/茶と紫色】

    185,000円 (税抜)

  • 総紗縫の角帯【雁行横段】

    総紗縫の角帯【雁行横段】

    105,000円 (税抜)

  • 経紬の角帯【市松草花】

    経紬の角帯【市松草花】

    70,000円 (税抜)

  • 紗楽の角帯【草花横段】

    紗楽の角帯【草花横段】

    120,000円 (税抜)

  • 紗楽の角帯【瓢箪横段】

    紗楽の角帯【瓢箪横段】

    120,000円 (税抜)

  • 総紗縫半巾【モカ色/桜市松文様】

    総紗縫半巾【モカ色/桜市松文様】

    140,000円 (税抜)

  • 紗楽の半巾【総紗縫+紬糸/淡紫色/葵横段柄】

    紗楽の半巾【総紗縫+紬糸/淡紫色/葵横段柄】

    125,000円 (税抜)

  • 紗楽の半巾【総紗縫+紬糸/白ブルー三色横段/アールヌーボー】

    紗楽の半巾【総紗縫+紬糸/白ブルー三色横段/アールヌーボー】

    125,000円 (税抜)

  • 総紗縫半巾【プラチナ・純金箔使用/葡萄唐草横段柄】

    総紗縫半巾【プラチナ・純金箔使用/葡萄唐草横段柄】

    140,000円 (税抜)

  • 総紗縫半巾【洋唐草横段文】

    総紗縫半巾【洋唐草横段文】

    140,000円 (税抜)

  • 総紗縫半巾【伊藤若冲の世界/葡萄唐草】

    総紗縫半巾【伊藤若冲の世界/葡萄唐草】

    150,000円 (税抜)

  • CelticCelticの名古屋帯【ケルト文様(甕覗色)/紹巴紬(八寸)】

    CelticCelticの名古屋帯【ケルト文様(甕覗色)/紹巴紬(八寸)】

    180,000~247,500円 (税抜)

  • 名古屋帯と同柄で制作する『仙福屋の利休バッグ』/ダックジュエル仕様
    • 受注生産

    名古屋帯と同柄で制作する『仙福屋の利休バッグ』/ダックジュエル仕様

    68,000円 (税抜)

  • 作楽の九寸名古屋帯【紹巴織/バームクーヘン(茶)】

    作楽の九寸名古屋帯【紹巴織/バームクーヘン(茶)】

    120,000~127,500円 (税抜)

  • 南蛮七宝文様の八寸名古屋帯【光悦蝶/紹巴紬織】
    • 会員限定

    南蛮七宝文様の八寸名古屋帯【光悦蝶/紹巴紬織】

    240,000~307,500円 (税抜)

  • ペイズリー文様の九寸名古屋帯【紹巴織/作楽】

    ペイズリー文様の九寸名古屋帯【紹巴織/作楽】

    180,000~187,500円 (税抜)

  • バームクーヘン柄/九寸名古屋帯【紹巴織/作楽(となみブルー)】

    バームクーヘン柄/九寸名古屋帯【紹巴織/作楽(となみブルー)】

    120,000~127,500円 (税抜)

  • 作楽の九寸名古屋帯【紹巴織/変わり七宝つなぎ】

    作楽の九寸名古屋帯【紹巴織/変わり七宝つなぎ】

    180,000~187,500円 (税抜)

  • 仙福屋宗介のショールーム
  • メディア掲載履歴
  • ギフトラッピング
  • メンテナンスのご案内
  • 会員登録のご案内
  • お問い合わせ

唐長

カテゴリから探す

メンテナンスのご案内

セレクション

人気の検索ワード

  • ギフトラッピング
  • メディア掲載履歴
  • 会員登録のご案内
  • お客様の声
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301