1. ホーム
  2. 唐長
  3. 唐長文様のバッグ
  4. ダテバッグ

和装洋装兼用のダテバッグ、収納性も抜群

京都西陣の織元となみ織物が製織する帯地を使って制作する『ダテバッグ』。このバッグの形は着物姿の顔である『お太鼓』をイメージし制作していますので、大変美しく、また、それでいてコロンとした可愛い独特な空気を持っています。
さらに、収納性にも長け、和装だけでなく普段のお洋服にもコーディネートして頂ける機能美にも、大変優れたバッグです。

織帯と絹の美しさを追求した、ダテバッグ

帯のお太鼓から切り出す『美しさ』

『仙福屋のダテバッグ』は、となみ織物が制作する帯から作ります。このバッグの設計時に考えたのは『帯の意匠・織物を最大限美しく見えるようにすること』。そのために、着物姿の顔である『お太鼓』をそのままバッグへ持ってきています。

帯は通常6回の柄の繰り返しで構成されるため、バッグに使うことを考えると、一本の帯から僅かな数しか制作できませんので、贅沢なモノづくりです。

ダテバッグの機能美、和装洋装兼用

機能美(フルオープン、Wファスナー)

ダテバッグのサイズはお太鼓を意識したモノですが、この大きさを確保していることで、和装バッグとしてはお財布、スマートフォンなどの必要充分なモノを収納することができます。

また、開口部分を底までのフルオープン、Wファスナー仕様のため、大変取り出し易く、使いやすい機能美を持っています。もちろん、茶道等の習い事から普段のお洋服までお持ち頂くことができます。

日本の職人が作る帯地の利休バッグ

全て日本の職人の手によるもの

『仙福屋のダテバッグ』は、ただ単に帯を裁断縫製するだけでは制作できません。制作は、帯の特性や特徴を掴んだ職人が、帯を一つ一つを吟味します。また制作前には帯の入念な検品、その後の革色とのコーディネートも重要です。
帯の製織後から、バッグ完成に至るまで約1ヶ月半頂いておりますが、日本の職人の手による仕上がりは、お客様に満足して頂けると思います。

ダテバッグの機能美、和装洋装兼用

長くご愛用頂くために

ダテバッグに使用する帯地の素材は『絹/シルク』となっております。
全ての繊維の中でも特に優れているのが、光沢や発色でそれが織りとなることで、バッグの素材としても他にはない美しいモノです。
仙福屋ではこの美しさを保ち、お客様に安心して、長くご愛用頂くために、バッグの四隅には革を、底には金具を付け保護しております。

仙福屋宗介のショールームでは、直接ご覧いただけます。

ダテバッグ一覧(全1点)

  • 南蛮七宝文様のダテバッグ【唐長文様/しぼ織】

    南蛮七宝文様のダテバッグ【唐長文様/しぼ織】

    125,000円 (税抜)

 
  • 仙福屋宗介のショールーム ネットショッピングでの一番の不安はサイズ感や素材感がわかりづらいこと。そこで仙福屋の商品を直接手にとってご覧いただけるショールームを開設いたしました。
  • メディア掲載履歴 仙福屋宗介の商品が掲載された雑誌をご紹介します。
  • ギフトラッピング 仙福屋宗介では、プレゼント用にギフトラッピングを承っております。
  • メンテナンスのご案内 末永くお使いいただけるよう「となみ帯」と「仙福屋宗介の小物」のお直しを承っております。
  • 会員登録のご案内 入会金、年会費等は一切かかりません。ぜひご登録ください。
  • お問い合わせ 商品についての詳細、ご質問等、お気軽にお問い合わせください。

となみ織物公式 Facebook

仙福屋宗介公式 Instagram

唐長

カテゴリから探す

メンテナンスのご案内

セレクション

人気の検索ワード

  • ギフトラッピング
  • メディア掲載履歴
  • 会員登録のご案内
  • お客様の声
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301