1. ホーム
  2. バッグ
  3. ダテバッグ
  4. Celticのダテバッグ【ケルト文様/紹巴織(青)】

コロンとした収納力のあるダテバッグ/ケルト文様

このバッグの意匠は、アイルランドなどに古くから伝わるケルト文様です。数千年前から伝わる結び目や渦巻き文様は、魔除けを意味しており、現在でも根強い人気を誇る意匠です。この意匠を、世界でも最高といわれるブラタク糸を使い、緻密で繊細かつ絹独特の光沢・風合いを活かすことのできる『紹巴織』で表現。着物姿はもちろん、洋装にもお使い頂けるバッグになります。

 

『仙福屋のバッグ』は全て、コーディネートのアクセントとなるように考え、デザインを行っています。まるで宝飾品のように、バッグ一つで全てが変わる、そんな存在感や雰囲気を作りだすため、帯地の素材・意匠・質感にこだわり、裁断縫製を行います。通常帯地を使ったバッグは、寸法を測り、無駄なく工業製品のように生産されます。仙福屋はそれとは大きく異なり、着姿の顔『お太鼓』の部分を今度は『バッグも着姿顔』となるように帯を縫製裁断していきます。当然、生地のムダは出ることになりますが、これこそ帯メーカーだからこそできるモノづくりです。

 

この『ダテバッグ』は単純な立方体の様にも見えますが、着物姿の際、とくに荷物が多い方のために、細部までデザイン致しました。何かと持ち物が増えてしまう着物でのお出かけ。大きなバッグではバランス的にも、着姿を少し残念にしてしまうかもしれません。このダテバッグは『できれば持った方が安心』と思うものまでをコーディネートを少しも崩すことなく、収納してくれます。もちろん、お洋服姿の時でも大きすぎず、シンプルにカッコよくしてくれるのが、このバッグです。最近では少しずつ『普段のお洋服の時にも持っているよ』と、お客様から伺うことも増えてきました。

 
 
 

Celticのダテバッグ【ケルト文様/紹巴織(青)】

商品コード :date-celtic-ao002

100,000円 (税抜)

会員付加 :1,000ポイント
送料無料
ギフトラッピング対応いたします

ブックマークに登録する
縦×横×マチ 約17cm×26.5cm×16cm(持ち手除く)
重さ 約530g
素材 帯地(絹)、革
発送 営業日1〜2日内/td>
制作 日本国内

商品の質感・色は、モニターやブラウザなどにより、実物と見え方が異なる場合がございます。
また、商品によっては帯地から1点ずつ柄取りを行う事で、柄の配置が掲載画像と若干異なる場合がございます。

柄取りの美しい秘密/ケルト文様(紹巴織)

柄取りの美しい秘密/ケルト文様(紹巴織)

仙福屋で制作する小物には、京都西陣の帯地メーカーとなみ織物の帯地を使用します。

帯地を裁断する際に、ただ単純に端から寸法を取るわけではなく、帯の意匠が最も『美しく』見える『お太鼓』を意識した柄取りを考えます。帯の柄は基本的に6回の繰り返し、帯の長さは約4m30cm。一本の帯から作れる小物の数は限られてしまいますが、意匠の大変美しい小物となります。

 

これが仙福屋の作る小物の大きな特長でもあります。
バッグで両面に使用するとなると、その半分の3つ分・・・。
と一本の帯地から、バッグへにできる量は、非常に限られています。

 

 

『染色・製織の職人から裁断・縫製の職人へバトンを渡す』

『染色・製織の職人から裁断・縫製の職人へバトンを渡す』
このバッグの主な素材である『帯地』は、京都の西陣地域で何十人もの職人の手を経て製作された『帯地』を使います。特に『となみ織物』の帯地には様々な織組織(織り方)があり、それぞれが特色を持っています。例えば、『紹巴織』。緻密で繊細な表現が可能。『二重織』だと重厚な経糸によって、シンプルな柄でも奥行きが出せる。総紗縫』は、経糸同士を捩るので絶妙な透け感に。
 
一つ一つが特徴的な織物です。
納得のいく小物づくりのためには、小物作りの腕が良い職人への製作依頼だけでなく、織物の持つ特性の理解、それに基づく入念な打ち合わせの元、制作が必要です。
 

収納性から使い易いデザインを考える/収納力とWファスナー

収納性から使い易いデザインを考える/収納力とWファスナー
『ダテバッグ』は、収納力に注視しデザインを起こし制作したモノです。他の和装バッグとは、比較にならない、しかも可愛い外見から想像できないほどの収納力を兼ね備えたバッグ。
 
①Wファスナー&底ギリギリまでのフルオープン仕様
サッと取り出せる両サイドポケットに、大きな収納(マグネット付)
③内ポケットも充実しています。

【ポケット仕様】 
・ファスナー付ポケット×1
・ファスナーポケットに付随する革ポケット×2
・切符やカギなども入る小ポケット×2

『美しさと強度の両立』

『美しさと強度の両立』
仙福屋で使う帯地の原料は『絹』。
しっとりとした質感や染料の発色、手触りは、繊維の中でも最高のモノとして認知されています。
その反面、耐久性に少々劣るため、仙福屋ではそれを補強するため、数々の工夫を行い制作しております。
幾つか挙げると・・・
①底に金具の鋲を4つ打ち、接地面積を極力少なくし、汚れが付きにくい仕様に
②スレをから帯地を守るため、底の四隅をデザインとしても可愛く補強。
③持ち手の汚れを防ぐため、帯地ではなく、革もしくはダックジュエル仕様。  
※『ダテバッグ』で使用する本革は、全て帯地に合わせて染め上げています。また、帯地によっては厚みも異なるので、それと対応するよう革を漉きます。帯地の制作(染色製織)生地の裁断・縫製などの工程は日本(京都近圏)の職人の手によるものです。
 
 
 

 

『FacebookやInstagramでは、コーディネート例を掲載しております』

『FacebookやInstagramでは、コーディネート例を掲載しております』
 
◎ダテバッグ色々/となみ織物Pinterest
 
◎となみ織物Facebook
 
◎となみ織物Instagram
 
 
 
  • [となみ織物・仙福屋宗介] 会員登録のご案内

    となみ織物が配信するメールマガジンのご購読をご登録ください。また、「仙福屋宗介」をもっとお得に、もっと便利にお使いいただける「仙福屋宗介ウェブ会員」を募集しています。メールマガジンとあわせてご登録ください。

    会員特典のご案内

  • 仙福屋宗介のショールーム
  • メディア掲載履歴
  • ギフトラッピング
  • メンテナンスのご案内
  • 会員登録のご案内
  • お問い合わせ

唐長

カテゴリから探す

メンテナンスのご案内

セレクション

人気の検索ワード

  • ギフトラッピング
  • メディア掲載履歴
  • 会員登録のご案内
  • お客様の声
ページの先頭へ

となみ織物 Facebook

仙福屋ショールーム Facebook

Twitter

お問い合わせ

お問い合わせからご相談まで
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301

お電話による注文

商品のご注文を
お電話でも受け付けております

TEL: 075-431-3301